明石ビブレ

1F お茶 三國屋善五郎
「美味しい!」試飲されると必ずいただけるひとこと。7月に定番商品に仲間入りしたお煎茶「屋久島の香り」。
2019.08.07

「美味しい!」試飲されると必ずいただけるひとこと。7月に定番商品に仲間入りしたお煎茶「屋久島の香り」。

すっきりとした上品な旨味と深い味わいで、人気が高まりつつある三國屋善五郎の新しいお煎茶です。
九州鹿児島県南部に位置する屋久島は、1993年に世界自然遺産に登録された島です。本格的な緑茶栽培の南限地でもあります。大自然の豊かな屋久島の茶園で、豊富な水と太陽の日差しの恩恵を受けて育てられたお茶は、爽やかな香りと鮮やかな水色(すいしょく)が特徴です。

屋久島との「奥深い森林」といったイメージと、その奥深い緑の中に「やくしまつばき=林檎椿」の真っ赤な椿の花が散りばめられたデザインです。ちょうど「お茶の花」も同じツバキ科の花で、「やくしまつばき」と「お茶の花」を掛けたデザインです。このパッケージも人気があります。

50g /封筒タイプ 税込1,620円
ティーバッグ3g×8p/箱タイプ 税込1,296円

三國屋善五郎

1F

お茶

ショップ詳細を見る
ショップ検索